2019山行報告

小川山屋根岩2峰”セレクションルート”

概要

期間 2019年9月11日

参加者 西田(CL・会計)岡田(記録・配車)

行動記録

豊田東IC(21:30)=1:00=廻り目平(6:00)-1:00-屋根岩Ⅱ峰取付き(7:00)ーセレクションルート登攀-取付き(11:30)ーボルダー散策ー廻り目平(15:00)-入浴・食事-諏訪IC(17:30)=3:00=豊田東IC(20:30)解散

日誌

今回の登攀ルート(写真は借用)

奥秩父山塊の西端、小川山の山麓に広がる廻り目平周辺をクライマーの間では小川山と呼んでいます。
その中でも屈指の人気ルートである“セレクションルート”を登攀してきました。

トポでは全部で6ピッチとされています。
第1ピッチ:屈曲したシンハンドのクラックパート
第2ピッチ:5〜8mランナウトするスラブパート
第3ピッチ:バックアンドフットを駆使するチムニーパート
第4ピッチ:オフィズスからワイドクラックに転ずるパート
第5ピッチ:切れ落ちた断崖のトラバース
最終第6ピッチ:直上するクラックルートと浅めのチムニールートを選ぶことが出来ます。
クライミングの要素が一通り味わえる名前通り「セレクション」なラインナップです。

エスケープは4ピッチ目の始点から懸垂下降か4ピッチ目の終了点から山頂へ。
下山は徒歩のルートか、近年山頂にリボルトされた支点からの懸垂下降となっています。
50m超の懸垂下降となりますので、シングルロープ使用の今回は徒歩での下山を計画しました。

曲者と評判の第1ピッチのクラック
まだシューズが温まる前だってのに負荷の高いムーブを要求されます

第1ピッチの終了点はボルトです。
カムはキャメロットサイズで#3と#5を使用しました。

第2ピッチはボルト間の長い恐怖のスラブ

第2ピッチの終了点はボルトです。
第3ピッチは立木に支点を作りながらチムニーを登ります。
終了点は立木になります。

第4ピッチはザックを背負っていると高難度
第4ピッチの中間でピッチを切った
第5ピッチの始点からでは声が届かない

第4ピッチはカム#3を2つ使用しました。
本来はトラバース直前の立木までが第4ピッチですが、ここからはほとんど声が届かなくなるため、ワイドパートを登りきった立木でピッチを切りました。
後半はカム#4を使用。

第5ピッチからかなりの染み出し

第5ピッチはこのルートの名物であるトラバース。
スタート部分に前日の雨の影響でかなりの染み出しがあり、
その後の第6ピッチの様子も見えないので、今回は安全策をとってエスケープルートでトップアウトする事にしました。

向かいの屋根岩3峰にはクライマーの姿も

山頂からの下山路はかなりザレており、一度ロープを出しました。
取付きから駐車場までわずか15分。
時間があったので有名なボルダーの散策に出かけました。

スパイヤー岩
スラブの名作です
クジラ岩
エイハブ船長・穴社長など名作揃い

前日の雷雨と、当日の雨予報のせいか、驚くほど人のいない廻り目平。
おかげで、後続パーティに煽られることもなくのんびりとマルチピッチを楽しむことが出来ました。
廻り目平では直火でキャンプができるので、次回は泊まりでさらにのんびりとマルチやボルダーを楽しみたいと思います。

小川山屋根岩2峰”セレクションルート”” への2件のフィードバック

  1. はじめてのマルチでしたが、リードの安定感とアドバイスのお陰で安心して楽しむ事が出来ました!
    次はもっと色々がスムーズに出来るように頑張りまーす!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください