2019山行報告(会員のみ)

2020.2.2 樹氷の中の御池岳

  • 山行名:御池岳
  • 山域:鈴鹿山脈
  • 期間:2020.2.2(日)
  • 参加者:5名(I間、K野、O田、I泉、Y崎)

行動記録

  • 碧信今村支店 5:00 =トヨタ南IC=大安IC=コンビニ=鞍掛峠ゲート前(6:15,6:30)-木和田尾根登山口ー子向山(8:07,8:26)ー白瀬峠(10:00,10:05)-冷川岳(10:14,10:21)ー御池岳(12:10,13:00)ーコグルミ谷(13:35,13:40)ーゲート前(16:18,16:30)=温泉(16:45,17:45)=大安IC=碧信今村支店(19:00)

日誌

天気:曇り時々晴れ
碧信今村支店に5時に集合し、登山口へ向かう。当初山口簡易藤原パーキングに駐車予定をしていたが、鞍掛峠のゲート前まで車で行くことに。これで往復40分ほどの時間短縮。ゲート前に到着した時には、車は1台のみ停まっていた。うす暗かったが準備をはじめているうちに明るくなってくる。
今年は暖冬ということもあり、一週間前の御池周辺はほとんど雪がないとのことだったが、2~3日前には雪が降ったようで、樹氷がが期待される。
木和田尾根登山口へ移動し、登山開始。どうやら登山口の手前から入ってしまったようだが、ほどなくして登山道に合流。いきなりの急登だがゆっくりと歩を進めていく。雪は全くない状況だったが、1時間ほど歩くとうっすらと雪があらわれる。2時間ほど歩くと木々の間から左手に御嶽山、伊吹山、霊仙山が見られ、元気がでる。冷川岳を過ぎ御池岳6合目(コグルミ谷出合)へと向かう。雪もところどころ深く、足を取られる場面や少し滑ったら嫌だなと思う部分もあったが、無事6合目へ到着。ここまでですでに4時間20分。急登を前に休憩で英気を養う。ここから1時間ほど歩くと、樹氷がみられるように。時折日差しがさすとキラキラと綺麗な樹氷が見られ、雪の美しさに感動する。樹氷の森の中、歩を進み頂上を目指す。樹氷に囲まれ、気分良く頂上を目指せたが、お腹はぺこぺこ。山頂でのお昼も楽しみに。
頂上へ着くと、御嶽、乗鞍、中央アルプス、南アルプス、伊吹山、霊仙山と山々が一望でき、最高の眺望に加え、樹氷も美しく、最高のロケーションの中でのお昼となった。風も少なく、ゆっくりとお昼を楽しめた。
帰りは、六合目からコグルミ谷を降りることに。ここからはトレースもなく急な為、慎重に降りていく。雪がなくなり、ぐちゃぐちゃのぬかるみの中降りるのだけは嫌だなあと思っていたが、国道にでるまで雪がなくなることはなく、歩くことができた。下りは気を使いながら降りた為、国道に出た時は一安心。しかしここからまだ1時間30分ほど、アスファルトの上を歩かなければならない。なが~い下り道を歩きながら、次のカーブを曲がったらゲートかな?という期待を何度も裏切られながら、ようやくゲート前へ到着。休憩を含め約10時間の山行を皆元気に歩ききれた。
風も少なく、アイゼンを装着するまでもなく、雪を楽しめながら歩くことができ、とてもよい山行となった。

2020.2.2 樹氷の中の御池岳” への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください