2019山行報告(会員のみ)

20200223-24_鳳凰三山

山行名 鳳凰三山

山域 南アルプス 北部

日程 20200223(日)-20200224(月)

メンバー CL I川、SL T田、食当 F田(ス)、記録 F田(タ)

行動記録

1日目

岡崎(3:30)=夜叉神峠駐車場(7:15)-夜叉神峠(8:45)-杖立峠(10:10)-南御室小屋(13:20)-薬師岳避難小屋(15:15 17:00)-薬師岳(17:15 17:30)-薬師岳避難小屋(17:35)

2日目 

薬師岳避難小屋(6:00)=薬師岳(6:10)=観音岳(6:40)=地蔵岳(7:40)=地蔵岳(8:50)=薬師岳(9:20)=薬師岳避難小屋(9:25 10:05)=南御室小屋(11:00 11:10)=杖立峠(12:25 12:35)=夜叉神峠(13:15 13:30)=夜叉神峠駐車(14:00 14:30)-天恵泉白根桃源天笑閣(15:00 16:00)-ビックボーイ甲府櫛形店(16:30 17:30)-岡崎(20:00)

日誌・感想

岡崎をAM3:30に出発、ほぼ予定通りの時刻(7:15)に到着し、7:45に準備を整え出発。夜叉神峠、杖立峠までは順調に到着しました。ここから天気予報通りの強風!樹林帯の中は大丈夫かな?と何となく思っていたのが甘かったです。一気に指先が冷え、歩きながら指をこすったり、グローブの中にカイロを入れたりして、何んとか持ちこたえました。登山道は出だしから急登ではないですが、ずーーっと登り続ける感じで(実際はトラバースあり、下りありです)、樹林帯&ガスで展望も無く、トレースはありますが地味に疲れが溜ります。南御室小屋には予定時間ピッタリに到着し、薬師岳避難小屋までもう一踏ん張り!気合を入れ直し歩きます。樹林帯を抜け砂払岳に到着した時はガスも取れ、富士山・北岳の迫力の姿が見れました。砂払岳から下ればすぐに薬師岳避難小屋の到着。先着が2名いましたが、なんとか避難小屋泊をゲットし一安心!! 避難小屋で少しマッタリした後、薬師岳頂上へ。ちょうど北岳に夕日が沈むタイミングで、ほんのり赤く染まる富士山が綺麗でした。翌朝は3時起床の予定でしたが、避難小屋に泊まる他の2名の方がゆっくり目に起きると言う事で、4:20に起床し6:00ごろ避難小屋を出発しました。前日に比べれば少しは弱まっているものの稜線は爆風で身体をもっていかれない様に注意しなが歩きます。薬師と観音の間で日の出を拝み、観音岳頂上へ。当初は風も強いし、観音岳からの下りもいやらしいのでここまで???という雰囲気でしたが、頑張って地蔵岳まで行く事になり、出発も遅かった為、CL I川さんリードのかなりのハイペースでの往復となりマジで疲れました(ついて行くの精いっぱいというよりついて行けませんでした)。避難小屋へはハイペースのおかげで計画より少し早い時間に戻って来る事が出来、その後、夜叉神峠駐車場まで先頭を交代しながら、前日より踏み固められたトレースを順調に下山しました。今シーズンは西穂高、甲斐駒、鳳凰三山とI川リーダーのおかげで例年になく雪山にチャレンジする事が出来、少しづつ経験値がアップ出来ているかなぁ~と勝手に思っています。皆さんお疲れ様&ありがとうございました。

20200223-24_鳳凰三山” への4件のフィードバック

  1. お疲れ様でした&報告ご苦労様です。
    いやいや、薬師岳~地蔵岳ついて来れてましたよ!宝剣も行ったし!今シーズン確実にレベルアップしましたよね。ゴールデンウィークに向けて頑張りましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください