山行報告(公開可)山行速報

2020-10-11 乗鞍岳紅葉山行

  • 山行名……乗鞍岳紅葉山行
  • 山域……北ア・乗鞍
  • 期間……2020年10月11日(日曜)
  • 参加人数……2名
行動記録

岡崎(0400) === 岡崎IC(0405) === 中津川IC(0500) === 乗鞍・三本滝PKG(0740,0755) — 鳥居尾根分岐(0837) — 位ヶ原山荘(1026) — 肩ノ小屋(1220) — 剣ヶ峰(1315) — 畳平BT(1424,1505) === 三本滝(1545) === 中津川(1930) === 岡崎(2045)

日誌

 台風の接近でダメかと思っていた日曜日が晴れるとの予報を聞き、急遽、乗鞍へ行くことにしました。

 朝4時に自宅を出発、中津川で高速を降りて下道で乗鞍高原を目指す。道程は長いが、空いているので予定通り4時間弱で乗鞍に到着。乗鞍高原に入ると、紅葉が始まったばかりという色ぐあい。観光センターの駐車場はほぼ満車に見えた。そのまま休暇村を過ぎ、終点の三本滝駐車場に着く。駐車場は半分くらいの入り。
 準備をして出発。ガスで山頂方向はまるで見えない。滝のほうへと下っていくと、道がかなり痛んでいる。木道が崩れ落ちている箇所もあり、迂回路が作られていた。また、新設の木道もあった。鳥居尾根から位ヶ原に登っていく途中の紅葉が、色付きが最も綺麗だった。位ヶ原の山荘で、豊田山岳会のK山さんご夫妻と数年ぶりにお会いした。指導員の試験を一緒に受けた、言わば同期の方で、親御さんの介護のために会を辞められたと聞いていて、もう何年も顔を見ていなかったので、あれこれ話をさせていただいた。
 位ヶ原に出ると、紅葉はもう終わっている感じだった。位ヶ原山荘を出たころにはガスが晴れ、山頂がくっきり見えた。ここから先は紅葉はないので、山頂目指して登るのみ。小屋前で一服してから剣ヶ峰へ。山頂はかなり混んでいた。残念ながら、穂高方面はガスに巻かれて、期待した景色は拝めなかった。

 畳平へと下り、バスを待つ。かなりの行列ができており、結局バスが6台も上がってきた。マスクをして乗車し、下りのバスで再度紅葉を見ながら三本滝の駐車場へ降りる。

 来た時とまったく同じ道で岡崎へ向かう。途中、A子さんの希望で某神社に立ち寄る。キッチンくらんぼが予約のみだったので、中津川の「松葉」で夕食をとり、9時前に自宅に到着した。

感想

位ヶ原手前の紅葉は見事だった。歩いて登る人も多いが、自転車で登っている人が多くて驚いた。前に来たときは、ここまで多くはなかったと思う。
当日は台風の影響かまったく寒くなく、快適な登山でした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください