山行速報

金峰山〜瑞牆山〜小川山

2020.11.6 CL西田・吉田 2日間でゆっくり行く予定でしたが、2日目の天気を考慮して早目の出発と行程を短くして1日で行ってきました。

4時前にゲートに入ると料金が加算される為、4時に廻り目平キャンプ場に入場して出発。(1泊して@900円)ゆるい林道の後は里山感の登山道。金峰山小屋からは麓の紅葉と冠雪した八ヶ岳のコントラストにうっとりしながらのゴーロ地帯。金峰山に立つと雲の間から陽を浴びる富士山が出迎えてくれました。

眼下には大きな五丈岩。登攀を挑戦するもこの後の行程を考え?程々に満喫して次に進みます。大きな岩稜を含む稜線が続き、遠く富士山や南アルプス〜北アルプス…連なる山々…向かう瑞牆山の岩柱…とにかく見える景色がカッコ良くて中々歩が進みませんでした。

富士見平小屋を過ぎて天鳥川で水を補給して、ゴーロを乗り越えたら瑞牆山です。大ヤスリ岩の存在がとにかく大きく感じました。今回は頂上より北の分岐から東に伸びる尾根で降ります。岩を左から巻いていく感じで、思ってた以上にバリな箇所もありましたが、踏み跡やテープは存分にありました。

予定より早く一般登山に合流出来、その後景色のない小川山に行き下山路です。ひたすらに下るのかと思ったら多少ではあるもののアップダウンや岩場があり時間が掛かりました…途中アーヴェンロートに癒されるものの謎に長く感じました。今回は13時間の活動時間でした。

翌日の天気が大分好転した為、廻り目平キャンプ場で幕営して翌日ボルダリングをして帰宅しました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください