活動報告

鈴鹿イブネクラシ

・山域  鈴鹿

・2021.5.15(土)曇のち雨

・参加者8名 (I間、K野、I村、M浦、U田、T中、S木、Y山)

安城市内(4:00発) === 湯の山温泉スカイラインP(6:30,7:00) –長石谷コース—3:00—- 鎌が岳1161m(10:00)(10:30) — 40—-武平峠(11:10)(11:30) —75—- 御在所岳1212m(12:20,13:30)—中道登山道–90—-キレット—一ノ谷山荘(15:00)—10—スカイラインP(15:10,15:40)===希望荘(16:00,17:00)===安城市内(18:30着

「山行記録」

朝モヤの朝明キャンプ場駐車場を5:30出発。水墨画のような(I村さん曰く)霧の道を進み、石楠花、イワカガミに出合いながら6:40根の平峠に到着。沢渡り、急登、ロープや鎖での登り下りと変化に富んだ楽しいコースでした。9:30石楠花が満開のクラシで全員でパチリ。一面”苔の絨毯”で幻想的なイブネ。テンバは強風だったので少し下ったところでお昼を摂る、と言ってもまだ10時半でしたけど。帰り道、杉峠を過ぎたところで「御池鉱山旧跡」へ寄り道11:30。この奥地に300人とその家族が暮らしていたそうでびっくりした。歩き始めて7時間(12:30)、小雨の中疲労感満載の時、K野さんが山芍薬を見つけ可憐な花にテンション復活!!みんなで撮影会開始。ゴールまであと少しというところで雨が本降りになりカッパ装着、黙々と歩き14:30駐車場到着。全長15.5Km所要時間9時間、3万歩超えの(S木さん計測)なかなか歩き応えのあるコースでした。

「感想」

長距離に不安がありましたが”鈴鹿の上高地”と言われているそうで、黄緑色の新緑のもみじ葉を眺めながらなだらかな道を楽しみました。水量の多い川に落ちないように緊張しつつ何度かの沢渡りも経験。切り立った岩の間の登りもクリア。前半は汗だくのコースでした。もみじの木が沢山あったので”秋の鈴鹿の上高地”が今から楽しみです。

編集後記:可憐な花の写真を載せたかったのですが、腕が未熟で写真が呼び出せず残念です。

鈴鹿イブネクラシ” への1件のフィードバック

  1. お疲れ様でした、天気悪かったけど初イブネクラシと山芍薬に大満足です。紅葉のシーズンにまた皆さんで行きましょうー!!ありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください