鈴鹿南部の縦走

電車とバスで鈴鹿南部の1泊2日の山旅に出かけました。

亀山駅前発のコミュニティバスに乗り、終点の池山西停から臼杵ヶ岳の登山口へ。
臼杵ヶ岳から滋賀県と三重県の県境稜線を北上して、御所平、仙ヶ岳、宮指路岳、水沢岳、鎌ヶ岳まで縦走し、
武平峠から近鉄湯の山温泉駅まで歩いて電車で帰宅しました。

仙ヶ岳と宮指路岳の間の区間はザレ場の犬返しの険の他、やせ尾根を通過するところが続き緊張しました。

  • 期間 2022年3月28日、29日
  • 入山口 石水渓 / 下山口 武平峠
  • 山中宿泊地 水沢峠
  • 歩行距離 26.0km

行動記録

1日目(3/28)

亀山駅前(7:25)+++池山西バス停(7:52)—登山口(8:38)—臼杵山(9:50, 10:00)—臼杵ヶ岳(10:15, 10,24)—小太郎峠(10:49, 10:53)—大岩(11:11, 11:19)—御所平(11:54, 12:07)—仙ヶ岳(13:07, 13:19)—宮指路岳(14:41, 14:54)—水沢峠(16:19)

2日目(3/29)

水沢峠(6:15)—水沢岳(6:32, 6:43)—鎌ヶ岳(8:23, 8:58)—武平峠(9:37, 9:45)—近鉄湯の山温泉駅(11:59)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください